ホーム > 技術情報 > 画像の縮小/拡大方法
技術情報

最新詳細ページ

RSS
2008年01月30日記事の入力
画像の縮小/拡大方法

現在画像のUP方法は記事追加フォームの 画像ボタン をご利用いただいているかと思います。

今回さらに、画像を好きなサイズでUPできる方法をお伝えいたします。

画像タグでサイズ指定をする

画像ボタン 画像ボタン を使うと次のような文章が自動的に本文に追加されるかと思います。

 <%image(20080130-button-media.gif|16|16|画像ボタン)%>
 ↑これを解説すると以下になります。
 <%image(画像ファイル名|横サイズpx|縦サイズpx|画像にマウスをかざした際に出るチップ内の文字)%>

サイズ指定をしている部分がありますが、
一番簡単に画像を縮小させる方法は
このサイズ指定部分を好きな数字を入れて縮小、拡大させる方法です。

ただし、この方法には以下問題点があります。
  1. 画像ファイルのデータそのものを拡大するわけではなく、表示上大きくしているだけなので画像が粗くなりがちです
  2. 等倍で拡大、縮小しないと縦のび、横伸びの画像になります


とくに画像が粗くなるのは縮小率/拡大率が大きくなる程表示が粗くなるようです。



Microsoft ペイントを利用して画像サイズを小さくさせる


WindowsOSなら基本的に搭載しているMicrosoft「ペイント」を利用する方法です。

画像サイズ自体を変えるので先ほどの方法より画像が粗くなる心配が軽減されます。

画像の縮小方法


 .撻ぅ鵐箸魍きます。
  ペイントは、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「ペイント」で立ち上げる事ができます。

◆_菫をペイントで開きます。
  フォルダから画像をペイント上にドラッグすると開きます。

図1

 「伸縮と傾き」を開きます。 ファイルや編集とかかれている項目の「変形」を選択。
 上から2つ目の「伸縮と傾き」をクリックしてください。

 ペイントの上でキーボード「Ctrl」ボタンと「W」を両方押して頂く方法もあります。

ぁ―娘椶稜槊┐魴茲瓩泙后
 上部分の「伸縮」部分(赤枠部分)に記載のあるパーセンテージを書き換えていただきます。
 OKを押すと画像サイズが変わります。

 図2

ァ(僂┐寝菫を保存する
 上の「ファイル」をクリックし、「名前を付けて保存」をします。
 (そのまま上書き保存をすると元の画像データそのまま書き換わってしまいます。)


あとは、いつもと同じ様にボタンから縮小した画像をUPしてください。
これは拡大にも使えます。







プロリリースでは画像サイズの横幅を500pxまでを推奨としています。
それ以上横幅のある画像をご利用頂くとデザインが崩れる恐れがある為です。

また、小さい画像を見やすく拡大するときなどにもご利用頂けます。

ぜひご活用ください。