ホーム > 技術情報 > 箇条書きの方法
技術情報

最新詳細ページ

RSS
2007年12月28日記事の入力
箇条書きの方法

記事内で箇条書きする方法を記載します。

箇条書き例



箇条書きの場合
  • 箇条書きをする方法の例文です。
  • 箇条書きをする方法の例文です。このタグを使うとを一文が長くなってしまい、改行がされた場合でも段落の調整をします。
  • 箇条書きをする方法の例文です。

  1. さらに応用をすることで数字も自動でつきます。
  2. この数字は自動的に振られているので、ひとつ項目がなくなっても数字を書き換えずに、
  3. 自動で繰り上がります。


上記の記述の管理画面側


箇条書きの場合
<ul><li>箇条書きをする方法の例文です。</li>
<li>箇条書きをする方法の例文です。このタグを使うとを一文が長くなってしまい、改行がされた場合でも段落の調整をします。</li>
<li>箇条書きをする方法の例文です</li></ul>

番号を振った箇条書きの場合
<ol><li>さらに応用をすることで数字も自動でつきます。</li>
<li>この数字は自動的に振られているので、ひとつ項目がなくなっても数字を書き換えずに、</li>
<li>自動で繰り上がります。</li></ol>



<ul>で囲われている部分が箇条書きの部分全部の指定。
さらに<li>で囲われているのがひとつの箇条書き部分です。
<ul>は通常の箇条書きのタグで、<ol>は番号を振る為の箇条書きタグです。

このタグを利用するメリットは、改行がされても、左の段落を合わせてくれるところです。
さらに、番号を振った箇条書きにしたり、その他も指定でいろいろな箇条書きのマークに変更することができます。

その他のマークには以下があります。

  • 白い丸(="circle")
  • 黒い四角(type="square")
  • マーク無し(type="none")
以下は番号用<ol>にのみ利用できます。
  1. アルファベット (type="a")
  2. 大文字アルファベット( type="A")
  3. 大文字ローマ字( type="I")
  4. 小文字ローマ字( type="i")


変更方法はtype="○○"という指定をタグに振って頂くことです。
指定の方法二通りあります。



■まとめて変更する場合
<ol
<ol type="i"><li>するとolで囲われている部分は</li>
<li>すべて同じ</li>
<li>マークになります。</li></ol>

■個別に変更する場合
<ol><li type="i">するとolで囲われている部分は</li>
<li type="i">すべて同じ</li>
<li type="i">マークになります。</li></ol>


参考にしてみてください。


※ 注意:ProReleaseは改行をすべて反映させます。今回は分かりやすさの為、タグ内に改行を入れていますが、実際に利用する場合は改行を入れないように注意してください。